Tradeview(トレードビュー)の検証結果

Tradeview(トレードビュー)は、私が海外FX業者の研究を行っている中で、現状では、世界で最も有利にFX取引できる“実質的”No.1FXブローカー。安全・有利に生涯FXで資産形成するならば、絶対に利用必須といえます。
最高の5つ星。

トレードビュー

Tradeviewは、日本ではあまり有名ではありませんが、海外FXに着目している人の中にはTradeviewの素晴らしさに気づいている人も多いようで、珍しく世の評価・評判通りの最高品質の取引環境を提供しています。

  1. 事業年数が長く、基盤が安定
  2. 英国法を基礎とした非常に審査の厳しいCIMAの金融ライセンスを取得
  3. 信託保全の完備
  4. 実質的取引コストの低さNo.1
  5. タイムラグを一切感じさせない約定スピード
  6. 透明性が高いECN方式を採用
  7. ゼロカット方式採用により、追証無しの安全体制
  8. 日本人サポートが充実
  9. 豊富な入出金方法の完備
  10. 迅速・確実な入金・出金

これらの強みは、一切の嘘偽りなく、全て事実です。

トレードビューは、その実力を日本国内だけでなく、
海外でも非常に高く評価されています。

トレードビューのレビュー

世界の人たちの評価を抜粋すると以下の通り。

★★★★★
私は全力でTradeviewをお勧めします。トレードビューのスプレッドは、日本のブローカーとほぼ同じ。この会社はキャンペーンを全く行いませんが、それは この会社がしっかりとしたビジネス・運営を行っている証です。日本人スタッフも在籍しているので、何かあったら日本語サポートを受けることができます。
★★★★★
トレードビューに移行して以来、私はトレードビューのプロ根性とスピードに感銘を受けました。トレードビューのスプレッドは非常に狭く、非常に感動しています。
★★★★
数週間前、スプレッドが突然悪化したことがありましたが、しばらくすると、また十分に狭められて、とても良い状態になりました。
★★★★★
このブローカーを悪く言う人には十分な注意をして下さい。そのような人は、悪質な同業者か、他人を批判して自分のサイトに注目させようとする卑劣なマーケティング方法を行っている人です。

→Tradeviewには、熱烈なファンも多いようです。

特にスプレッドの有利性と健全なサポート体制には、ほとんどの人が大満足しているようですね。

私も、このトレードビューを長くメイン口座として使っていますが、
これまでの長い間、たった1度でも不審な印象を受けたこともありません。

同じEAを使っても、他のFXブローカーでは負けた取引であっても、
トレードビューでは勝ち取引となったり、
他のFXブローカーで大きく勝ったときでも、
トレードビューでは、さらに大きな利益を上げていたりと、
有利性はとにかくNo.1です。

安全性に関しても、必ず手続き当日中に出金が完了されてきましたし、
日本の金融ライセンスよりも厳しい金融ライセンスが取得されており、
世界トップクラスの銀行で資金管理されていることからも、
安全性も最高レベルと言えるでしょう。

トレードビューとXMの比較

↑これは、本ブログの研究にて、同じEA(ALYS + GINZO_System + RegulsEA)を
各10万円から同じタイミングで運用スタートさせた運用経過を
「実質的No.1ブローカーTradeview」と「注意が必要なXM」で比較した様子です。

もし、「これまでEAによる運用を行ってきたが、負けている」という人がいたら、メイン取引をこのトレードビューに移すだけで、勝てるようになるかもしれません。

Tradeview(トレードビュー)は、絶対利用しよう

もし、「まだTradeviewの口座を持っていない」という人は、
Tradeviewだけは、絶対に口座開設しておいた方が良いです。

口座開設方法は、私が使っている超優良システムの1つである『 GINZO_System 』に付属されている説明PDFが1番分かりやすいですし、1億円以上の利益に相当する程の大きなメリットもあります。

岩井銀蔵

『 GINZO_System 』及び『 最も分かりやすいTradeviewの口座開設方法(EA説明がメインのPDF) 』は、岩井銀蔵ブログから無料取得することができますので、早速、無料取得してみて下さい。


Warning: Use of undefined constant お名前(ニックネーム可) - assumed 'お名前(ニックネーム可)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/nycnyc2/public_html/ZAN/taka-kuni_net/www/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31